軽貨物ドライバーに必要な免許とは?必要な免許を解説 | コラム | 東京都町田市野津田町 玉川学園前駅【合同会社K&T】

ロゴ
BLOG
ブログ
更新日:2021年10月21日 コラム

軽貨物ドライバーに必要な免許とは?必要な免許を解説

6

軽貨物ドライバーは、軽自動車を使用して荷物の配達を行う仕事です。
では、軽貨物ドライバーに必要な免許は、具体的にどのようなものがあるでしょうか。
必要な免許を、説明していきます。

▼軽貨物ドライバーに必要な免許
軽貨物ドライバーになるには、普通自動車運転免許が必要です。
AT限定免許だけでも大丈夫ですが、MT限定免許があると尚良いです。

軽貨物自動車と聞くと、特別な自動車を連想すると思います。
しかし、車体自体は軽自動車と同じなため、普通自動車免許だけでドライバーになることができるのです。
ただし、運転できる車体の重量は、総重量3.5トン未満・積載量2トン未満の車体に限ります。

▼普通自動車免許がない!そんなときは
普通自動車免許を持っていない方も、いらっしゃるかと思います。
普通自動車免許を持っていないと、軽貨物ドライバーになることはできません。
その為、免許がない時は、教習所に通う必要があります。

教習所で免許が取得できる期間は、おおむね半年程度です。
早い人であれば、3か月程度で取得できる人もいます。
費用は、AT限定免許で30万円前後・MT免許で20万円前後になります。
軽貨物ドライバーになりたいけど、免許がない方は、自動車教習所に通って免許を取得しましょう。

▼軽貨物ドライバーは企業と直接契約しよう
軽貨物ドライバーで働くには様々な方法がありますが。
その中でも、企業と直接契約を結んで働く方法が一番オススメです。
毎月の収入が保証されていますし、福利厚生などが充実している場合もあります。
また、研修もしっかり受けることができるので、未経験からでも安心して働くことが可能です。

■企業と直接契約を結ぶには
企業と直接契約を結ぶには、求人に応募して、面接を受ける必要があります。
面接で求められることは、コミュニケーション力を見られます。
基本的な会話・挨拶・受け答えの時の反応など、様々な視点で判断されます。
また、社会人として必要なマナーや服装なども見られますので、面接対策はしっかり行うようにしましょう。

▼まとめ
今回は、軽貨物ドライバーに必要な免許を、ご紹介させていただきました。
当社では、軽貨物ドライバーを積極的に募集しています。
正社員から業務委託まで、様々な働き方を用意しています。


また、社員寮をお探しの方で、初期費用が準備出来ない方には、初期費用を会社が立替て、月々分割でお支払いいただくと事可能です
ご興味の際は、一度お問い合わせください。

Recruit

募集要項

アイコン